--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 13  
地震について。
もう皆様ご存知でしょうから、面倒な話は割愛。

阪神淡路大震災のとき、日本に「ボランティア」という言葉が浸透しました。
それまではあまり知られていない言葉だったようです。
この震災の年を「ボランティア元年」と言ったりもします。
当時も今の僕たちと考えることは同じ、「なんとかしたい!」と熱い思いを持った有志たちが被災地に集まりました。
災害ボランティアというやつです。
しかしこのとき、特に現場で活躍し人々を助けたのは、ご近所ネットワークだったのです。
全国から集まった有志たちは?→行ったはいいけどうしよう。何したら良いんだろう。なんだか思ってたのと違うぞ。

と、こんなことがありました。
もちろん全部が全部じゃないですよ。
炊き出しの列にボランティアの人らがずらーーーと並ぶ場面もあったらしいです。。。
あとは、こんなもの貰ってどうするの・・・というような支援物資をもらったり、こんなに沢山はいらない・・・というような量を貰ったり。
被災地への個人からの支援物資は二次災害とも言われています。

つ ま り
知識や情報が無いのならあんまり動くな!
ということです。
現状僕らができる最善の活動は、募金活動だったり献血だったり、そんなところでしょう。
歯がゆいかもしれませんが、そのお金が最適な方法で被災地のために使われると思ってください。

むしろスカウトとして重要なのはここから。
復旧がある程度進んでからの中長期的な支援がとても重要になります。
めちゃくちゃ重要な課題です。
すでに重要と言う言葉を3回使っていますが、それくらい重要です。
ある程度現場が落ち着き、情報もクリアになったとき、スカウトとしての真価が問われるのではないでしょうか。

現地では現地のスカウトが頑張っているものかと思います。
そんな彼らの勇気に、crew14一同心からの弥栄を!


ケント
スポンサーサイト
NEXT Entry
派遣報告会in兵庫
NEW Topics
Crew15始動!
日本ポリグル株式会社
派遣報告会in兵庫
今日はもう一つ
在バングラデシュ日本国大使館表敬訪問
Comment
Trackback

東北地方太平洋沖地震被災者に対する支援について

 東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様には、心からお見舞い並びにお悔やみ申し上げます。  被災地からのニュース、映像等に接し、何らかの支援を行いたいとお思いの方も多いと思 ...
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

crew14bangladesh

Author:crew14bangladesh
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
今年度派遣は無事に終了。
派遣期間は2011年2月20日~3月7日。
バングラデシュでのCrew14のプロジェクトを報告します。
今後、情報をまとめ、プロジェクトの詳細を報告していきます。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(ash.like.the.snow@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

カウンター

ジオターゲティング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。