--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 02. 08  
バングラデシュ派遣が行われるに至った経緯とその目的について説明しましょう。

1992年に第2回アジア太平洋地域環境教育セミナーと、1994年に行われたマラケシュ国際シンポジウムが行われました。
その際に、バングラデシュ連盟から、バングラデシュの農村部における健康、衛生状態の改善のため、プロジェクトの共同実施に関する提案がありました。
それに対し、日本連盟は前派遣団長であった郷家智道日本連盟評議委員を中心としたメンバーで数多くの会議を重ね、1998年から経口補水療法(ORT)と下痢や栄養失調など、バングラデシュで問題になっている事例に関するプロジェクト(PHC)を開始することを決定しました。


bangla1

2002年、両国による提携プロジェクトは、すばらしい成功を収め、第1次計画を終了。
さらに両国ローバーの強い働きかけにより、両国連盟は、第2次計画を実施することを決定しました。第2次計画では、従来のORTとPHCに加え、自然環境保護に関するプロジェクト(NC)を展開させることと、森林破壊がすすむバングラデシュを環境保護の観点からも啓発していくようになりました。

2.png

またこの第2次計画の最大の特徴である、モデルビレッジ活動(村人のそれぞれの問題に対する知識向上を確認するために、5年間を同一の村で活動するもの)を行い、両国連盟は、農村地域における正確なデータを手に入れることに成功しました。
2007年、両国連盟における第2次計画も終了を迎え、それと同時に両国連盟は第3次計画の実施を決定。第3次計画では、青少年における健康・環境・栄養に関する知識の促進、成人女性における子供の栄養・衛生知識の促進、子どもの健康と栄養の状況の促進、堆肥・農業技術に関する知識の促進による栄養価の高い食品の供給の増強、スカウトの健康の強化を派遣の目的としています。



今回2011年の第14回派遣は、上記の「第3次5か年計画」の4年目に当たります。
以上のように、このバングラデシュ派遣は歴史ある派遣なのです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
派遣の特徴
NEW Topics
Crew15始動!
日本ポリグル株式会社
派遣報告会in兵庫
今日はもう一つ
在バングラデシュ日本国大使館表敬訪問
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

crew14bangladesh

Author:crew14bangladesh
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
今年度派遣は無事に終了。
派遣期間は2011年2月20日~3月7日。
バングラデシュでのCrew14のプロジェクトを報告します。
今後、情報をまとめ、プロジェクトの詳細を報告していきます。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(ash.like.the.snow@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

カウンター

ジオターゲティング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。