--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 02. 14  
こんにちは、Crew14のテルです。
今回は正式に自己紹介をしたいと思います。

所属はボーイスカウト日本連盟 東京連盟 山手地区 目黒第3団です。
原隊ではボーイ隊の副長をしています。
ニックネームはテルです。22歳です。

なぜニックネームを使っているのかといいますと、インターネット上で本名をさらしたくないから、という理由ではなく、これはバングラデシュ派遣の伝統なのです。
バングラデシュ派遣参加者は、それぞれニックネームで呼び合います。
それには、ニックネームで呼び合うことによってメンバー同士の仲が深まるという理由もありますが、もっとも大きいのは、バングラデシュ人が発音しやすい、という理由です。

バングラデシュ人にとって、日本語の一部の発音は難しいのです。
ですので、あらかじめ日本にいるときに呼び名を決めておき、メールでバ連に確認を取ります。
これにより、バングラデシュに行ったときに不自由しないわけです。

もちろんバングラデシュのスカウトもあらかじめニックネームを決めています。
日本人が発音しやすいように英語名を用いたりする場合もありました。
HeroとかMoon、Lovelyなんていうのも。なかなか洒落ていますよね。

さて、本題の自己紹介に戻ります。

僕は今回、クルーリーダーという、派遣団のリーダーの役職を任されています。
クルーリーダーは、簡単に言えば、全国から集まったメンバーをまとめ、プロジェクトを成功に導く役職です。
僕はクルーリーダーになって、自分の理想とする海外派遣の形を実現するために、この3か月、尽力してきました。

僕は去年の第13回派遣(Crew13)でもバングラデシュ派遣に参加し、ローバーリングの新しい可能性を見ました。
この派遣に参加したことで、ただ楽しいだけでは物足りない、と思うようになったのです。これは僕の中で大いなる進歩でした。
自発的活動を通して、日本のスカウトだけでなく、バングラデシュのスカウトとともに大きな1つのプロジェクトを実行する。一からほとんどすべてのプログラムを自分たちで組み上げる。もちろん、自分が出した企画や計画は責任をもたなければなりません。苦しい時もありますが、自分たちがこのプロジェクトを進行させているのだ、という大いなる使命感とそれを達成したときの喜びは何ものにも代えられません。
SCOUTING FOR BOYSに書かれている“Scouts of the World - Brother Together”を実践しているもの。それがこのバングラデシュ派遣だと思うのです。

また、今年もバングラデシュ派遣が始まりました。
いよいよ来週2月20日に日本連盟宿舎に入り、22日にはバングラデシュに向けて出発です。
準備も大詰めです。

あの国で、いったいどんなワクワクが僕たちを待っているのだろうか。
僕の中では不安以上に、期待で満ち溢れています。
行動一つ一つに情熱を込めて、全てを感じ、全てに感動し、全てに感謝する。

ROVERING TO SUCCESS!!!

19.png

スポンサーサイト
NEXT Entry
シン【装備】
NEW Topics
Crew15始動!
日本ポリグル株式会社
派遣報告会in兵庫
今日はもう一つ
在バングラデシュ日本国大使館表敬訪問
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

crew14bangladesh

Author:crew14bangladesh
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
今年度派遣は無事に終了。
派遣期間は2011年2月20日~3月7日。
バングラデシュでのCrew14のプロジェクトを報告します。
今後、情報をまとめ、プロジェクトの詳細を報告していきます。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(ash.like.the.snow@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

カウンター

ジオターゲティング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。