--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 05  
な、なんと先ほど、乾季のバングラデシュに雨が降りました!
去年も降ったらしく、この派遣には何かが憑いているのかもしれません。。。


さてエバリュエーションミーティング、無事に終わりました。
昨日必死に資料作った甲斐があり、バングラデシュ連盟のお偉い方からも非常に高い評価を得ることができました。
作業は深夜にまで及びましたが、テルとタムタムが苦心して書き上げ、チュウがパソコンに打ち直すというチームプレイ。
バ連側はどちらかというと報告会的なものを想定していたらしく、考察や反省、次回への課題設定までしていた僕らのレジュメはちょっと驚かれました。

これがエバリュエーションミーティング
71.jpg
ずららら。


流暢な英語で報告をするシバ。かっこいい。
72.jpg

今派遣は第三次五ヵ年計画の四年目。次の派遣で第三次五ヵ年計画は終了します。
このプロジェクトは世界中からも注目されていますが、継続させるためには成果を残さなくてはなりません。
そういった意味では、このミーティングは大成功だったのではないでしょうか。
日本すごい!と見せつけてやりました。


そんな僕らも、昼間は町に繰り出しました。
みんなでおそろいのシャツ。名前は失念・・・
バングラデシュの伝統的な服です。
73.jpg

バングラデシュ最大のヒンドゥー教寺院、スリー・スリー・ダケシュリ・ナショナル・テンプル。
74.jpg

75.jpg

ラルバグフォート。昔の砦だった場所です。
76.jpg

怪しげなお店。
シバとアヤはブレスレットを購入。
77.jpg

あとはアーロンというショッピングモールにも行ったのですが、あいにくと撮影禁止でした。無念。


ダッカはとても魅力的な町で紹介したいところはまだ沢山あるのですが、今日はこの辺で。

明日の深夜の便でいよいよ日本に帰ります。
寂しい・・・
夜はダッカナイトといって、ダッカローバーの仲間達と歌って踊って、という最後のスペシャルイベントがあります。
最後の最後まで楽しみましょう!!

セリムとチュウと女の子たち
78.jpg


ケントでしたー
おやすみなさい。。。
スポンサーサイト
2011. 03. 04  
昨日は疲労困憊で寝てしまいました。
反省してます。

さて、無事ブースデモンストレーションも終わり、プログラムは全て終了しました。
また6時間バスに揺られてダッカに帰ってきました。

ここでブースデモンストレーションのおさらいをば。
水、ゴミ、栄養、日本文化紹介のブースに分かれ、村の人たちの生活改善のための啓発、デモンストレーションを行います。
水はポリグルという薬品を用いた水の浄化方法啓発します。
前々回の記事に写真を載せましたが、ハズラプールの村人達はため池や川、チューブウェルという浅い層から引いた井戸水などを生活に使用しています。
そこでポリグルの出番、ポリグルを使えばそれらの水の汚濁物質を一網打尽にできるのです。

ゴミは生ゴミから堆肥を作る方法をレクチャーします。
村人達は9割以上が農家。また生ゴミからは細菌などの有害物質が発生します。したがって、生ゴミを堆肥にしてしまうと一石二鳥なのです。

栄養は正しい食事の摂り方を。
一日に必要な野菜や米の摂取量を実際に見せて、栄養失調を防止する方法を教えました。
栄養失調だけでなく、ビタミン不足からくる歩行障害等ハズラプールは様々な問題を抱えています。

日本文化紹介は啓発とはまた別で、今まで13回派遣がありましたが、ただ現地に行きプログラムを実行するだけで、我々が何者なのか説明したことはありませんでした。
私達はこういうところから来ました!というおまけコーナーです。ちなみに僕はここ担当です。

さて、それでは以下ダイジェスト


ごみブース準備中のスラボニー、チュウ、アヤ
66.jpg


本番を前に緊張した面持ちの水ブース担当タムタム
67.jpg


栄養担当シバ&タンヴィル。お花がかわいい。
68.jpg

日本文化担当ぼく&ダイヤモンド。ハッピに下駄です。
69.jpg


今晩、評価・反省のためのエバリュエーションミーティグがあります。
その資料作りのた遅くまで起きてるクルーもいましたが、あと少し、体に気をつけて頑張ります!


以上ケントでした。
2011. 03. 02  
今日は朝イチで溜まってたゴミを燃やしました。
一同妙にテンション高め。
62.jpg
左からテル、シバ、ぼく、シン


さて、フィールドワーク二日目。
みんな慣れてきたのか、手際よくこなせたようです。

おさるにhouse to houseするチュウ
63.jpg


村の人からココナッツとか果物とか、その他よく分からないような食べ物を頂いたクルーもいました。
64.jpg
「ムリ」という、お米を揚げたもの。香ばしくてとてもおいしい!


今日はみんな夜更かしでした。
普段より二時間くらい寝るのが遅かったのではないでしょうか。
何故かと言うと、明日からブースデモンストレーションが始まるからです!
説明しよう!ブースデモンストレーションとは!?
栄養・ゴミ・水・日本文化のブースを設置し、ハズラプールの村人達に来てもらい、そこで啓発活動やデモンストレーションを行い生活改善のきっかけにしてもらおう!と、噛み砕けばこんな感じです。


ゴミブースのチュウとアヤは生ゴミを堆肥にするためのアイテムを作成しました。
60.jpg


その間、セイヤとタムタムは昨日と今日で集めた水のpHを調査しています。
この作業は深夜にまで及びました。
61.jpg


それぞれブースごとに準備があり、今日ばかりはみんな夜更かしです。
全ては明日のブースデモンストレーションのため!
この日のためにcrew14を結成したといっても過言ではありません。
何ヶ月も前から準備をしてきました。
明日の記事をお楽しみに!


また、毎日沢山のコメントありがとうございます。
クルー全員で毎日読んでいます。アクセスカウンターも毎日チェックしています(笑
皆様の暖かいコメントが僕らの原動力です。
おかげさまで体調不良を訴えるクルーもいません。
毎日おなかいっぱい食べてます。


さぁ、派遣もいよいよ最大の山場であり折り返し地点、暑さに負けず頑張るぞ!
日本の皆さんは暖かくして、風邪引かないようにしてくださいね!



おまけ:セイヤの今日のおやつ
65.jpg



以上ケントでした。
2011. 03. 01  
初日です。
フィールドワークでは、村のゴミ拾い、水質調査、house to houseを行いました。
こんな感じです。

啓発の紙芝居を読むテル
54.jpg


同じくタムタム(ベンガル語で「馬車」という意味らしく、よく笑われている)
56.jpg


水質調査。チュウが笑顔で持っているこの濁った水、ハズラプール村の人々はこのような水を生活に使っています。
57.jpg


マダリプルは今日も暑く、照りつける日光と戦いながらの活動となりました。
スカウト諸君、水分補給はこまめにしましょう!
持ち帰ったゴミは焼却し、持ち帰った水は透明度、臭気、pH、ヒ素濃度を測定します。
プログラム後、宿舎に帰ってからもやること沢山あるのです。


しかし今日は夕方からとっておきのイベント、クルージングを楽しんで参りました。
コースはガンジス川の支流のひとつ。20mくらいのボートに乗り、久しぶりにのんびりした時間を過ごしてきました。

ダッカローバーは写真が大好き。
58.jpg


明日はフィールドワーク二日目。
ブースデモンストレーションにも繋がる大事なプログラムなので、気合入れていきます!

59.jpg
2011. 02. 28  
しょばいけしゅべっちゃ!
皆さんこんにちは、記録担当ケントです。
着いてすぐ更新できなくてすみませんでした。
簡単にクルーの様子、現地の様子をお伝えします。

まず、渉外シバ、装備担当シンがついに下痢にかかりました。
シバはダッカで感染して一日で全快という驚異的な回復力を見せましたがシンが重症でした。
マダリプル到着当日に感染し症状は悪化する一方、ついには一人で立てなくなり、昨日病院へ行きました。

50.jpg

しかし心配ご無用、今日ついに洗濯物を干しに行くまでに回復しました。
明日からはプログラムにも参加してくれるでしょう。よかったよかった。


さて、昨日タムタムが書いてくれたように、ベースラインサーベイというものを行いました。
今日は二日目です。 
マダリプルのハズラプールという村が対象です。
調査は僕らジャパンローバーがベンガル語の質問を読み、細かいところのアシストはカウンターパートのダッカローバーやチームのローカルローバー(ダッカ以外の地区のローバースカウトのこと)にしてもらう、という形式で行います。
こんな感じ。
49.jpg

ちなみに僕のカウンターパートはダイヤモンド君。ステキなニックネーム。
51.jpg

具体的な調査方法は、村の家を一軒ずつ回り、住民にそれぞれのそれぞれ担当した分野の質問をする、というものです。
二日目ということもあり、一同(ずっと寝てたシン以外)それなりにベンガル語にも慣れてきました。
ダッカローバー、ローカルローバーとは全て英語での会話なので、活動中は英語漬けです。


ちなみにバングラデシュは乾季なので毎日快晴、毎晩満天の星空です。
ギリギリ北半球なので真夏のオリオンも綺麗に見えます。

明日からはフィールドワークが始まります。
このプログラムではマダリプルのゴミを拾ったり、住民が生活に使う水の調査、House to Houseと言って生活改善のための啓発活動を行います。
明日もがんばるぞ!

復活のシンと韓国海苔と
52.jpg
プロフィール

crew14bangladesh

Author:crew14bangladesh
ボーイスカウト日本連盟のバングラデシュ派遣のクルーメンバーがお届けする、バングラデシュ派遣のプロジェクト紹介ブログ。
今年度派遣は無事に終了。
派遣期間は2011年2月20日~3月7日。
バングラデシュでのCrew14のプロジェクトを報告します。
今後、情報をまとめ、プロジェクトの詳細を報告していきます。

このホームページ上のスカウト運動に関する事項は、ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、バングラデシュ派遣団員(ash.like.the.snow@gmail.com)の責任のもとに掲載しています。

カウンター

ジオターゲティング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。